【徹底解説】「弱キャラ友崎くん」ってどんなアニメ? あらすじや 登場人物、見どころは? サクッと教えます!

アニメ徹底解説
編集長
編集長

やあ!シューカン!アニメ通信の編集長だ!

今回は「弱キャラ友崎くん」を紹介するぞ!

編集部員
編集部員

編集部員です。

この記事では原作はラノベ? それともマンガ? という疑問をもってる方から、タイトルは聞いたことあるけど、ぶっちゃけ面白いの? と興味はあるけどアニメを観るのをためらっている方まで、そのもやもやをスッキリ解決しちゃいますよ♪

それではさっそく見ていきましょう!

「弱キャラ友崎くん」とは?

編集部員
編集部員

まずは「弱キャラ友崎くん」とはそもそもラノベが原作なのか、それともマンガなのかというところから見ていきましょう。

原作はラノベ? 作者は誰?

「弱キャラ友崎くん」は小学舘ガガガ文庫から刊行されてるライトノベルです。作者は屋久ユウキ先生で、新人賞を受賞した今作でデビューしました。デビュー作がアニメ化されるとは、ものすごい才能の持ち主ですね。

また、「このライトノベルがすごい!」では、五年連続トップ10にランクインしており、人気・実力、また内容のクオリティの高さのほどがうかがえます。

2020年12月時点で既刊10巻です。発行部数は2020年4月時点で100万部を超えています。アニメ化もされて、まだまだこの勢いは衰えそうにないですね。

イラストはフライ先生が担当しています。フライ先生は女性のイラストレーターで、「弱キャラ友崎くん」の他にも「佐伯さんと、一つ屋根の下」や、TVアニメ「」色づく世界の明日から」のキャラクター原案をされています。

繊細なタッチで描かれる女性キャラが非常に魅力的なんです。

あらすじ

 「人生はクソゲー」だと考えている友崎文也は、「アタックファミリーズ(通称アタファミ)」というゲームにだけ情熱を燃やす高校生である。アタファミ以外に興味がないためクラスでも地味な存在だ。しかしアタファミに関しては日本1位をキープし続けており、その界隈では彼のハンドルネーム「nanashi」は有名であった。

ある日アタファミ日本2位の「NO NAME」からオフ会に誘われて会うことになる。待ち合わせ場所にあらわれたのは文也の通う高校でパーフェクトヒロインと呼ばれるクラスメイトの日南葵だった。

それまで接点のなかった二人だったが、葵の発言が発端で口論になる。葵は「人生は神ゲー」であると考えていて、文也のようなゲーム以外の日常生活で努力を怠っているような人間に嫌悪感を抱いているからだ。

その後、葵に煽られたこともあり、文也は彼女の指導の元でリア充を目指すことになったのだった。

果たして葵の言う通り努力次第で人生が変わる「神ゲー」なのか⁈

「弱キャラ友崎くん」はどんなアニメ?

編集長
編集長

次は「弱キャラ友崎くん」がどんなアニメなのかを見ていくぞ!

制作会社や声優さんは誰なのか? を解説していこう。

その前に公式PVを観てアニメの雰囲気をつかんでみてくれ。

「弱キャラ友崎くん」公式PV

制作

アニメーションの制作を担当するのはproject No.9です。ラノベ原作アニメを数多く手掛けているスタジオです。「りゅうおうのおしごと」や「私、能力は平均値でって言ったよね!」「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」「天使の3P」など制作しています。

「弱キャラ友崎くん」もラノベ原作なので、これは期待できますね。

キャスト

友崎文也 CV 佐藤元

日南葵 CV 金元寿子

七海みなみ CV 長谷川育美

菊池風香 CV 茅野愛衣

夏林花火 CV 前川涼子

泉優鈴 CV 稗田寧々

水沢孝弘 CV 島崎信長

竹井 CV 水野駿太郎

メインヒロインの日南葵役には、「妹さえいればいい」の可児那由多、「りゅうおうのおしごと」で空銀子の声をあてた金元寿子さんが抜擢されています。どこか低血圧ぎみな少女を演じさせるとぴったりハマる声優さんなだけに、日南葵の声に合うのではないでしょうか。

また同じくメインヒロインの一人でもある菊池風香役は、「さくら荘のペットな彼女」のましろ、「ノーゲーム・ノーライフ」で白を演じた茅野愛衣さんです。

メインヒロインが多いアニメなだけに、彼女たちのような実力派の声優さんが出演するのは嬉しい限りです。

OP・ED

OPはDIALOGUE+による「人生イージー?」、EDはこちらもDIALOGUE+による「あやふわアスタリスク」となっています。

ちなみにDIALOGUE+は女性声優8人組のユニットで、「弱キャラ友崎くん」に泉優鈴役で参加している稗田寧々さんもメンバーの一人です。 

またOP・EDを作詞作曲したのはUNISON SQUARE GARDEN の田淵智也さんです。UNISON SQUARE GARDENと言えば、「TIGER & BUNNY」や「血界戦線」などのアニメの主題歌・エンディングを歌っていたこともあり、まさに「弱キャラ友崎くん」のアニメOP、EDを飾るのにふさわしい曲に仕上がっていると思います。これは楽しみですね。 

「弱キャラ友崎くん」の登場人物

f:id:medicinestation:20201210181251j:plain
左から みなみ・花火・葵・風香・優鈴

日南葵

 才色兼備で天真爛漫、男女ともに好かれる学園のパーフェクトヒロイン。学力も運動能力も学年1位。だが「アタファミ」では「nanashi」に勝てず日本2位である。ハンドルネームは「NO NAME」人生は神ゲーだということを文也に理解させようと、さまざまな課題を彼に与える師匠のような存在。好物はチーズ。口癖は「おにただ」

友崎文也     

「アタファミ」で日本1位をキープし続けている高校生。ハンドルネームは「nanashi」 ゲームに対する情熱しか持っておらず、自分の容姿などには一切興味がない。しかし、日南葵と関わるようになり、彼女の助言を得てリア充を目指すことになる。

七海みなみ

文也や葵のクラスメイト。ムードメイカー的存在。あだ名は「みみみ」(名前に”み”が3つつくから)葵と同じく陸上部に所属している。

夏林花火

文也や葵のクラスメイト。みなみと仲がいい。思ったことをズバズバ言う性格のために、彼女のことをよく思わないクラスメイトもいる。みなみのいたずらでブラのホックを外されることがある。

菊池風香

文也や葵のクラスメイト。おとなしい性格で本が好き。大宮にあるハンバーグ屋でバイトしている。

泉優鈴

文也や葵のクラスメイト。中村に好意を寄せている。中村の気を引くために文也から「アタファミ」を教わる。

中村修二

文也や葵のクラスメイト。クラスの中心人物。水沢や竹井と仲がいい。文也にアタファミで惨敗し、そのことを根にもっている。

水沢孝弘

イケメンで気さくな性格。葵に好意を寄せている。美容師になるのが将来の夢。

竹井

バカでガタイのいい強キャラ。

「弱キャラ友崎くん」の5つの見どころ 

編集長
編集長

「弱キャラ友崎くん」にはたくさんの見どころがあるのですが、ここでは5つに絞って紹介するぞ!

1 人生はクソゲーか神ゲーかの対立

主人公である文也は「人生はクソゲー」だという思想をもっています。というのは自分のことを弱キャラだと思っている文也には、キャラ性能で勝敗が決まる現実がクソゲーに思えてしまうからです。

しかしメインヒロインである葵はその思想とはまったく逆で「人生は神ゲー」だと主張します。彼女は勉強もスポーツも、果ては自分の容姿・見せかたさえも努力次第で変えられると考えているからです。

対立する二つの思想がぶつかり合い、物語が進んでいくうえで重要なポイントになるので見どころの一つにあげてみました。

2 葵の指導が具体的で参考になる

葵が弱キャラである文也をリア充にするべく指導するわけですが、文也に課す課題や目標が非常に具体的です。例えば表情の作りかたやコミュ力の鍛えかたなどを指南しますが、このやり方ならうまくできるようになるかもと思えるような方法なのです。どんな方法なのかはネタバレになるためここでは書けないので、原作かアニメで確認してみてくださいね。

3 魅力的なヒロインたち

キャラ紹介でもあげた5人のヒロイン(葵、みなみ、花火、風香、優鈴)がとても魅力的です。それぞれがまったく違う個性をもっているので、お気に入りのキャラが見つかるのではないでしょうか? 

4 文也の成長や人間関係の変化

 葵の指導のおかげで文也は弱キャラから少しずつレベルを上げていきます。外見も変化していくのですが、葵と意見が衝突したりクラスメイトでもあるヒロインたちとコミュニケーションをとったりすることで内面にも変化が現れます。

またそれに伴い、文也を取り巻く人間関係も変わっていきます。

どのように文也が成長し変化していくのかも見どころです。

5 大宮が舞台

「弱キャラ友崎くん」の舞台は埼玉です。そして大宮駅前が頻繁に登場します。トップの画像も大宮駅前ですしね。

地元の方や大宮に詳しい方なら、どのあたりで葵と倫也が待ち合わせしていたのかや、風香の働いているハンバーグ屋さんってこのあたりかなとか想像して楽しめるかもしれませんね。

「弱キャラ友崎くん」はマンガも人気

月刊ガンガンJOKERで連載しているマンガも人気です。千田衛人先生がマンガを担当しています。千田衛人先生と言えば、「花咲くいろは」のコミカライズを手掛けていたことでも知られています。

マンガ版は原作と同じ流れで進んでいるので、原作ファンも安心して読むことができますよ。さらにマンガだとメインヒロインたちの可愛さが際立つので目に嬉しいですね。

またマンガワンでは七海みなみを主人公にしたスピンオフ作品「七海みなみは輝きたい」も連載されています。原作者の屋久ユウキ先生により書き下ろしのシナリオなので、原作ファンは要注目です。マンガの担当は吉田ばな先生。ラノベの挿絵などでも活躍されている方です。繊細なタッチで描かれる七海みなみがこれまた可愛いですよ。

まとめ

「弱キャラ友崎くん」には、さまざまな魅力があることをお伝えしてきました。いかがでしたでしょうか?

アニメの前に原作やマンガを読んで予習しておくのもいいですし、実際にアニメや原作を読んだあとに大宮に足を運んでみるのもいいですね。

原作ラノベ、マンガ、アニメとどれも面白いのでどこから手を出してもいい良作だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました